放射線治療とは

 日本人の死亡原因の第一位である<がん>の治療方法の中で、体に優しい最先端の治療方法です。  放射線は、がん細胞が増えるときに必要なDNAに作用し、細胞が増えなくしたり、新しい細胞に置き換わる時に脱落する仕組みを促すことで、がん細胞を死滅させたり、少なくしたりします。  放射線治療の利点は、体にメスを入れず、がんに対して治療効果を期待でき、臓器をそのまま残したり、臓器の働きを温存することができることです。(臓器の機能と形態の損失が少ない。)  放射線治療に用いられる放射線は数多くあります。現在、最も多く用いられているものはX線です。最先端と呼ばれる強度変調放射線治療(IMRT)も、X線を用いています。最近、X線以外の放射線も医療用に用いられるようになり、その中で最も注目されているのが、「重粒子線」です。この重粒子線の特徴は、X線と比べてがん細胞を死滅させるパワーが3倍強く、がん病巣に集中的にダメージを与えながら、周りの正常組織を守ることができることです。つまり、体にメスを入れることなく、がんに対して高い治療効果が得られ、正常組織を可能な限り守ることができます。このため、重粒子線は、「がんに強く、体に優しい、理想的な放射線」と言われています。

がんの治療方法比較
放射線療法外科療法化学療法
適応・早期がん(1期)から手術不能の局所進行がん(3期)まで・早期がんから中等度進行がん(0〜2期)まで・主として4期の遠隔転移のあるがん及び白血病等
・病変が局所に限局・病変が局所に限局・病変が全身に進展
長所・機能と形態の形損失が少ない。
・全身への影響が少ない。
・早期がんの治療成績は外科療法と同等。
・適応に制限あり。
・施行可能の場合、根治性が高い。・全身の治療が可能。
・病状の進行がおさえられたり、延命効果が期待できる。
短所・局所進行がんでは根治性は
手術療法に劣る。
・機能と形態の損失が
大きい。
・全身への副作用が強いの。
・ときに局所に副作用を
残すことがある。
・病期・年齢・合併症等により
適応に制限あり。
・固まりをつくるがんには
根治性が低い。

 重粒子線治療装置は、様々な装置で構成されています。中でも大きいものは直径20m周長60mもあり、治療装置としてはかなり大掛かりなものとなります。この治療装置により、炭素原子核を光速の80%程度まで加速してそのエネルギーを高め、それをがん細胞に照射することにより治療を行ないます。


がんが最短一日で完治する

 重粒子線治療は、炭素イオン線という放射線をがん細胞に照射する治療法です。症例によって異なりますが、早期の肺がんならば最短一日で完治できます。また肺がん・肝がんに治療を行った場合の局所制御率(治療によりがんが縮小または成長が止まった割合)は80~90%と高く、十分に有効な治療法と言えます。

重粒子線がん治療を実施している部位

 現在、重粒子線治療の適応となる疾患(治療を実施している疾患)は脳腫瘍、眼(悪性黒色腫)、頭頸部にできるがん、肺がん、肝臓がん、膵臓がん、子宮がん、前立腺がん、直腸がん、食道がん、骨や筋肉のがん、頭蓋骨の中の頭蓋底がんなどの固形がんです。しかし、白血病などの全身がんには重粒子線治療は用いられません。また、絶えず動いている胃や小腸など袋状・管状の臓器の場合は、がんの場所を固定することが困難なため、現在のところは重粒子線治療は行っていません。


他の治療法との比較

 重粒子線治療は、患部を切除する手術治療法とは異なり、臓器や身体の形を損なわないため身体的負担がほとんどなく、副作用も少ない治療法です。また、原則として入院 治療する必要はなく、通院治療が可能です。さらに、がんの種類によっては一般の放射線療法が効きにくいもの、つまり放射線に対して抵抗性のあるがんに対しても有効な治療法です。

重粒子線治療病院(施設)

2014.12現在


● 独立行政法人放射線医学総合研究所
  重粒子医科学センター病院
● 群馬大学重粒子線医学研究センター
● 神奈川県立がんセンター(2015年治療開始予定)
● 兵庫県立粒子線医療センター
● 九州国際重粒子線がん治療センター