2017


2017.8.24 愛知診断治療技術振興財団
名古屋城北放射線科クリニック主催
遠隔画像診断講演会のご案内
 

遠隔画像診断講演会開催のお知らせ

テーマ:<最新MRI、CT撮像と最新画像診断>

日時:2017年10月28日(土) 15:00〜17:30
受付開始:14:30より

会場:ホテルメルパルク名古屋 若葉の間(3階)
愛知県名古屋市東区葵3-16-16 電話052-937-3535

講演内容は、下記プログラムを参照ください。


※関連医療施設等対象、参加無料

お問い合せ 電話 052-910-0325 
一般財団法人愛知診断治療技術振興財団
名古屋城北放射線科クリニック 事務局長 三村武男

●ご案内PDF(大きな画像で見ることができます)



●講演会FAX申込書PDF



     
     

2016


2016.11.8

11月5日開催の「がん治療最前線」講演会に
ご参加の御礼

「がん治療最前線-重粒子線がん治療施設構築に向けて」講演会の御礼

 11月5日。名古屋市中村区のTKPガーデンシティー名古屋新幹線口 カンファレンスホールにて、「がん治療最前線-重粒子線がん治療施設構築に向けて」をテーマにした講演会を開催いたしました。お忙しい中、ご参集いただきありがとうございました。
 「重粒子線治療装置とは」矢澤孝様、「重粒子線によるがん治療の威力とその実際」鎌田正先生、「中部地区におけるがん治療の現状と重粒子線治療への期待」伊藤善之先生、「中部における重粒子線施設構築計画」山田哲明様。重粒子線治療に関する興味深いお話を聞かせていただきました。講演会の開催にご尽力いただきました関係各位に感謝申し上げます。


   一般財団法人 愛知県診断治療技術振興財団 名古屋城北放射線科クリニック

    理事長・院長 石垣武男

●会場の写真を見る




2016.10.31 日本経済新聞10月21日発行に
座談会内容を掲載

「重粒子線がん治療施設の中部地区設立へ向けて」座談会を開催。
日本経済新聞10月21日発行に掲載しました。

「放射線治療の最先端ともいえる重粒子線治療」をテーマに座談会を開催しました。
座談会の内容を、10月21日発行の日本経済新聞に掲載しました。
重粒子線治療のメリット、民間主導により中部での施設設立に向けての取り組みなどが語られました。下記の「●PDF新聞の画像が大きく見る事ができます」をクリックしていただけますと、大きな画像で内容を読む事ができます。
座談会の参加者紹介
伊藤善之氏 名古屋大学大学院 医学系研究科 放射線治療分野 特任教授
加藤克彦氏 名古屋大学大学院 医学系研究科 医療技術学専攻 医用量子科学講座 教授
山田哲明氏 名古屋重粒子線施設株式会社 代表取締役、社会福祉法人西谷会 常務理事、医療法人三和会 理事長
石垣武男 一般財団法人 愛知診断治療技術振興財団 理事長

●PDF:新聞の画像が大きく見る事ができます

2016.10.12 愛知診断治療技術振興財団主催
<がん治療最前線>講演会のご案内

<がん治療最前線>講演会開催のお知らせ

テーマ:<重粒子線がん治療施設構築に向けて>

日時:2016年11月5日(土) 14:00〜16:00

受付開始:13:30より

場所:TKPガーデンシティー名古屋新幹線口 カンファレンスホール4A

(井門名古屋ビル4F)
愛知県名古屋市中村区椿町1-16 電話052-459-5051

講演内容は、下記プログラムを参照ください。

 

お問い合せ 電話 052-910-0325 
一般財団法人愛知診断治療技術振興財団 事務局長 三村武男





2016.10.3 10月1日開催の「名古屋城北放射線科クリニック
遠隔画像診断講演会」ご参加の御礼

「名古屋城北放射線科クリニック遠隔画像診断講演会」の御礼

 名古屋城北放射線科クリニックは、地域医療への貢献を目指して、学術講演会と情報交換会を開催いたしました。お忙しい中、ご参集いただきありがとうございました。
 「当院における遠隔画像診断の現状」原瀬正敏先生、「当院のCT検査における遠隔画像診断」秋山宣行先生、「健診における遠隔画像診断」花木保之先生、「大腸CT(CTC)のススメ」山﨑通尋先生、「臨床情報に応じたMR検査:撮像はスポーツだ!」田岡俊昭先生。画像診断の専門家による興味深いお話を聞かせていただきました。講演会の開催にご尽力いただきました関係各位に感謝申し上げます。


   一般財団法人 愛知県診断治療技術振興財団 名古屋城北放射線科クリニック

    理事長・院長 石垣武男

●会場の写真を見る





2016.9.7 名古屋城北放射線科クリニック主催
<遠隔画像診断 講演会>のご案内

愛知診断治療技術振興財団 名古屋城北放射線科クリニック
遠隔画像診断 講演会 開催のお知らせ

テーマ:<地域医療に貢献する 遠隔画像診断>
遠隔読影活用事例・大腸CTとMRの撮像

日時:2016年10月1日(土) 15:00〜17:00

場所:ホテル名古屋ガーデンパレス 錦の間(3階)

 

お問い合せ 電話 052-910-0325 (名古屋放射線科クリニック)





2016.2.15 2月6日開催の「名古屋城北放射線科クリニック
設立5周年記念学術講演会」ご参加の御礼

「名古屋城北放射線科クリニック設立5周年記念学術講演会」の御礼

 設立5周年を迎えた「名古屋城北放射線科クリニック」。志を共にする皆様とともに、5周年記念として学術講演会と情報交換会を開催いたしました。お忙しい中、ご参集いただきありがとうございました。
 「遠隔画像通信技術の将来を見据えて」西原栄太郎様、「長時間の画像読影による疲労と脳血流の関係」二橋尚志先生、「脳神経画像診断ー最近の話題ー」長縄慎二先生、放射線および遠隔画像診断の専門家による興味深いお話を聞かせていただきました。記念学術講演会の開催にご尽力いただきました関係各位に感謝申し上げます。


   一般財団法人 愛知県診断治療技術振興財団 名古屋城北放射線科クリニック

    理事長・院長 石垣武男

●会場の写真を見る



   

2015


2015.10.28 記念学術講演会のご案内

愛知診断治療技術振興財団 名古屋城北放射線科クリニック 設立5周年

記念学術講演会 開催のお知らせ
テーマ:<地域医療に貢献する 遠隔画像診断>

日時:2016年2月6日(土) 15:00〜16:30

場所:ホテルメルパルク名古屋 羽衣の間

関連病院対象限定となります。

お問い合せ 電話 052-910-0325 (名古屋放射線科クリニック)

●ご案内PDF



2015.10.28 10月10日開催の「健康と疾病対策県民講座」
イベント参加者への御礼

健康と疾病対策県民講座イベント参加者への御礼

 愛知県健康福祉部保健医療局と一般財団名古屋城北放射線科クリニック共催による「健康と疾病対策県民講座」は10月10日多くの一般参加の皆さんにご参集いただきありがとうございました。

 「感染症の現状」加藤延夫先生、「がん治療の現状」伊藤善之先生、「重粒子治療の現状」辻井博彦先生、「重粒子治療の体験談」藤井保紀様、ウイルス感染対策あるいはがん治療の現状紹介など専門家の講師の皆様の貴重な講演をお届けできたと思います。今後も機縁をとらえまして、様々な健康保持対策の講座を開催してまいりたいと思う次第です。この場に於きまして関係各位に感謝申し上げます。

 

   一般財団法人 愛知県診断治療技術振興財団 名古屋城北放射線科クリニック

    理事長・院長 石垣武男

●会場の写真を見る




2015.6.22 健康と疾病対策 県民講座 ご案内

 愛知診断治療技術振興財団主催の、感染症の現状と、重粒子線がん治療の最前線を紹介する講座です。ご関心のある方はお気軽に参加してください。

テーマ:<「放射線治療最前線「人に優しい重粒子線治療」と感染症>

日時:2015年10月10日(土) 13:45〜16:40(開場13:30)

場所:愛知県産業労働センター ウインクあいち 11階「会議室1101」

入場無料:90名様で満席となりますので、事前受付をお勧めします。

受付電話 052-910-0325

●ご案内PDF



2015.1.22 「米がん患者に重粒子線 放医研、
米大などと治験」
 日本経済新聞1月20日発行に、放射線医学研究所と米大学が重粒子線治療を始めるとの記事が掲載されていますので紹介致します。
  名古屋城北放射線クリニックは、放射線医学研究所(放医研)での重粒子線治療の紹介も致しております。

2014


2014.12.26 年末年始休院のご案内  名古屋城北放射線クリニックは、誠に勝手ながら、下記の期間を年末年始休院とさせていただきます。
  休院期間:2014年12月30日(火)から2015年1月4日(日)
2014.12.26 財団ホームページのデザインを新しくしました。  
2014.4.1 がん治療相談「名古屋城北放射線科クリニック」
「遠隔読影センター」を新規事業として
開始しました。
 当財団は、2014年4月1日から新たに名古屋市の許可を得て診療所を市内北区平安一丁目7番23号GVビル2階に開設しました。診療所 の名称は「名古屋城北放射線科クリニック」です。
 新たに実施する第1の事業は、名古屋市内、近郊都市の大・中病院及び検診施設で発生するCT、MRI、核医学検査、PET/CT、PET画像、マンモグラフィ、胸部写真、消化管造影写真等の「遠隔読影センター」事業です。 第2の事業として、がん治療相談、重粒子線治療の普及・促進のために「放射線がん治療相談外来」を実施します。重粒子線治療を始めとする粒子線治療の適応について適格に判断し、治療方針を選択し最適な治療を勧め、実際に関係医療機関に紹介する事が目的です。