がんの治療方法や、
放射線治療の相談外来として開業。

 「がんの放射線治療を受けたい。」とお考えの方、主治医の先生からセカンドオピニオンを勧められた方。最良の治療方法を選択するために、専門医が患者さんと対面しながら意見や助言を提供し、最適な治療を支援します。


相談外来の内容
1 重粒子線がん治療のご相談
2 がん治療のご相談
3 治療支援

名古屋城北放射線科クリニック

〒462-0819
愛知県名古屋市北区平安1丁目7-23 GVビル2階
TEL 052-910-0325 FAX 052-910-3326



GVビル2階

※当クリニックでは実際の治療はおこないません
※相談外来は保険診療ではありません


 お問い合わせ
  月〜金曜日 午前9時〜午後5時
  休診日 : 土・日・休日


 重粒子線がん治療(じゅうりゅうしせんがんちりょう)は、がん病巣をピンポイントで狙いうちし、がん病巣にダメージを十分与えながら、正常細胞へのダメージを最小限に抑えることが可能な放射線を用いた最先端の治療法です。
 外科手術および化学療法に対する放射線療法の長所である機能と形態の欠損や治療中の身体的負担が少ないことに加え、従来からの放射線治療であるエックス線、ガンマ線に比べ、体の表面では放射線量が弱く、がん病巣において放射線量がピークになる特性を有しているため、照射回数と副作用をさらに少なく、治療期間をより短くすることが可能になります。
 もうひとつの特徴は、エックス線や陽子線では効果が得られない種類のがんにも重粒子線は高い効果を示すことです。これまで治療手段がなかった患者さんにとっても福音となる治療法と言えます。

理事長・院長
医学博士・放射線診断専門医

石垣 武男

重粒子線治療病院(施設)

2014.12現在


● 独立行政法人放射線医学総合研究所
  重粒子医科学センター病院
● 神奈川県立がんセンター(2015年治療開始予定)
● 群馬大学重粒子線医学研究センター
● 兵庫県立粒子線医療センター
● 九州国際重粒子線がん治療センター


陽子線治療病院(施設)


● 南東北がん陽子線治療センター(福島県郡山市)
● 筑波大学陽子線医学利用研究センター
 (茨城県つくば市)
● 国立がんセンター東病院(千葉県柏市)
● 静岡県立がんセンター(静岡県駿東郡)
● 兵庫県立粒子線医療センター(兵庫県たつの市)
● 福井県立病院 陽子線がん治療センター
 (福井県福井市)
● がん粒子線治療研究センター(鹿児島県指宿市)
● 名古屋陽子線治療センター (愛知県名古屋市)
● 北海道大学病院陽子線治療センター
 (北海道札幌市)


名古屋城北放射線科クリニック概要

名称一般財団法人 愛知診断治療技術振興財団
名古屋城北放射線科クリニック
住所〒462-0819愛知県名古屋市北区平安1丁目7-23 GVビル2階
電話番号052-910-0325
FAX番号052-910-3326 
理事長・院長石垣武男(医学博士、放射線診断専門医)
問い合わせ・受付月~金曜日 9:00~17:00
相談外来月~金曜日 午後~
休診日土・日・休日

遠隔読影センター

 遠隔読影とは、医療機関でCTやMRIなどの放射線画像装置で撮影された患者の画像を、
遠隔地にある読影センターで診断することです。
画像診断の専門医が読影を行い、作成・提出した読影レポートをベースに、
医療機関や健診施設の医師が患者や受診者の方々へ迅速にお伝えできるようサポートしています。

読影メニュー

CTMRI
CTC(CT Colonography)PET
CRマンモグラフィー
DRRI